業務事例紹介

HOME > 業務内容紹介 > ストーカー対策

業務事例

  ストーカー対策

    年々増加しているストーカー被害。

    「誰かにつけられている」「監視されているかもしれない・・・。」

    ストーカーされている不安を抱えながらも、「警察に行くのは大げさだ。」「証拠がない。」「誰かに話した後の復讐が怖い。」といった理由から、1人で悩んではいませんか?

    いわゆるストーカー行為とは、以下のような迷惑行為を、同一の者に対して繰り返し行うことを言います。

    ストーカー規制法が改正され、メールによる連続したメッセージも規制対象となる等、法規制の強化により、 事案の発生件数も2015年は4年ぶりに減少したとのことですが、依然として最悪の事態に至った事件は起きており、ストーカーは非常に危険な犯罪である事に変わりありません。

    また、リベンジポルノと言う言葉が出て来たようにSNS等を使った被害者の名誉をより損なう陰湿な手口 も現れました。

    ストーカー事案の加害者は、被害者の元交際相手やファン等、かつては被害者に対し行為を寄せていた者であります。その好意が一方的で自分の思い通りにならなくなった時、その反動は大きく、裏切られたかのように思い込み やがて攻撃的な態様となり凶行にまで及ぶ可能性がでてきます。

    ストーカー事案において大事なことは、何よりまず危険性の度合いについて見誤らないことです。

    その度合いを正しく判断するには、それまでのプロセスをありのまま話していただく事が重要であり、それ によって我々も確実にあなたを守る対応策を構築することが出来るのです。

    女性の方が話しやすいとおっしゃる方の為に、女性相談室も設けております。

    当社ストーカー対策は被害者となったあなたを必ずお守りします。その為には上記の事は必須であり、そこから加害者の性格や心理状況、手口、危険度を判断し、依頼者の意 向を踏まえ、何が効果的かを提案いたします。 そして実際に解決策を実行に移せるよう、出来る限りのコストパフォーマンスもいたします。

    我々は断固としてこれ以上ストーカーによる悲惨な事件を起こしてはならないという強い意識でこれから も活動してまいります。

 
  ストーカーセルフディフェンス
 

・夕刊フジ 平成25年10月20日掲載記事

夕刊フジ 平成25年10月20日掲載記事

・海外ニュース番組 アルジャジーラ 『Japan's stalking crisis』

海外ニュース番組 アルジャジーラ 『Japan's stalking crisis』