企業情報

HOME > 企業情報:ご挨拶

ご挨拶

 昨今、暴力団排除条例の施行や暴力団対策法改正等、官民一体となり反社会的勢力との関係遮断を目指す取組みが強化されています。

 一方で、反社会的勢力とりわけ暴力団は「潜在化」と「偽装化」をすすめ、資金獲得活動も、一般企業を装うフロント企業や、一見一般人と変わらぬ暴力団共生者を前面に押し立てる等、更に巧妙な手口を駆使しています。こうしたマフィア化していく暴力団に対抗していくため、企業としては、常に経営陣から営業マン、受付に至るまで全てが組織的に対応することが重要であります。

 ともあれ、取締法令の強化等によって組員が減少傾向にあるとしても、決して虎が猫になるわけではありません。むしろ彼らが反撃に転じたかのように、企業トップや、反社会的勢力への対抗業務に従事する警察OBへの発砲事件等見せしめ的凶悪事件が発生しています。今こそ民警一体となり暴力に屈することのない明るい社会にしなければならないと思います。

 また、今後の大きな課題として挙げられるのは、多発化、凶悪化しているストーカー行為です。ストーカー行為者の大半は(元)交際相手ですが、現代の人間関係の希薄さが、近くにいる(いた)相手、或いは憧れの存在である相手への精神的な依存度を高め、最終的に愛情とは裏腹の行為に走るのだろうと推測され、多角的な対策なくして予防することは困難だと思われます。当社のホームページにも「女性相談室」ページを設け、お悩みの方がすぐに相談ページへと移動できるようにしました。是非ご覧下さい。

 当社は、警察や弁護士の活動を補完する立場として、一刻も早く依頼者の身の安全を確保するべく、上記のような脅威に対して実態を見極めた的確なボディーガードを中心に対応に当たっています。

 現代の情報機器の革新的な発展と普及は、物理的な距離を超えて人と人とを繋ぐことを可能にしてきました。しかし、それは同時に、危険な人物や事案にいつ巻き込まれてもおかしくないという危険性をはらんでいます。

 我々は企業、個人に関わらずそれぞれが危機管理体制を確立しておかなければならない時代に生きています。危機は「まさか」というちょっとした心の隙に忍び込んできます。当社では、長年警察で培ったノウハウを活用し、事後への対応はもちろんのこと、前兆事案の見極めや事前の対策、普段からの危機管理体制への助言等、包括的なサポートを行いバックアップします。不安に思うことがあればお気軽にご相談下さい。